【東京アンブレラ基金】クラウドファンディングを開始しました

 わかちあい練馬が協働団体として参画している「東京アンブレラ基金」(事務局:一般社団法人つくろい東京ファンド)が、このたびクラウドファンディングを開始しました。

東京アンブレラ基金とは

 東京アンブレラ基金は、広い意味での「ホームレス状態」の方々の増加に伴って広がりを見せているホテル代の支給といった緊急宿泊支援のニーズに対応するために設立されました。協働団体とともに基金を集め緊急宿泊支援金を助成することを目的に、2019年4月から運用・活動を開始しました。現在の協働団体は17団体です (2022年9月現在)。コロナ禍が本格化した2020年4月から2022年4月までの2年間で、のべ771人の方に1830泊を支援しました。

 わかちあい練馬では、夜回り、相談会を通じて、お住まいのない方、安心して滞在できる場所がない方に対して、緊急宿泊費をお渡ししています。この緊急宿泊費は東京アンブレラ基金より支出しています。

 東京都・厚生労働省が実施している「協議済みホテル」の運用に変更が生じ、今後、住まいのない方が安心して寝泊まりができる居場所を確保することがより難しくなる見込みです。東京アンブレラ基金のニーズがより広がっていくだろうと考えています。

 この年末年始、誰も路頭に迷わせない東京へ。どうぞご支援をよろしくお願い致します